M a s a ' s Photo Gallery ------ --- Leica M-Lens   ------ Nikkor - Lens ------ Contax - Lens ------ Special Pentax - Lens ------

Leica R-Lens 


Super-Elmar-R 15mm f3.5 06/09/22
2006年8月の夏休みからネットで血眼に成って19mmを探していて、(あれっ! でてるなぁ)と気が付いたのがSuper-Elmar-R 15mm f3.5 だった。感覚的にはまだフィルムの焦点距離を引きずっているので、110度の超広角レンズって現実感が無いような気持ちがしたんだけれど、(DMR換算すると20.55mmじゃありませんか)「うう〜むSuper-ElmarがSuper-Angulonに変身するんだな!..... 」気が付いたら「ポチッ」と右人差し指が反応しておりました(爆笑)
ライカの15mmレンズは2002年に第二世代Super-Elmarit-R 15mm/f2.8 ASPH がシュナイダーのOEMで発売されている。 従って1980年に発売が開始されたライツの超広角レンズ(発売当時はライツであった)は実に22年も現役だった事になる。
そして、やはりOEMのこのレンズはツァイス製なのである。 そう言う生い立ちなのでコンタックスDistagon15mm/f3.5と外観は瓜二つで、マウント形状違いの双子レンズでもある。(T*の表示が付いていないのでレンズコーティングぐらいは違っているのかもしれない)
レンズ構成は12群13枚 / 開放f値は3.5で最小絞りはf22 / フォーカシングレンジは最短撮影距離16cm〜 無限大である。4種類(BL/Y/Or/UVa)のフィルターを内蔵しており、内蔵されたフィルターの切り替えはリングを前方向に押し上げて回転させる。
巨大前玉を包み込む最大外形は92.5mmも在りフロントレンズは盛大に凸型に盛り上がっていて、 大口径レンズマニアの中枢神経をダイレクトに刺激する形状だ。総重量は910gもありズシリと重いが、ヘリコイドは思いの外スムーズで扱いやすい。ヘリコイドに刻まれたスケールは(0.16/0.18/0.22/0.3/0.8/∞)でお気付きだと思うが、0.8mの次が無限大なので、遠景であればピント合わせの必要は、殆ど必要が無い事になるのである。
今まで購入したRレンズの中で、こんなに到着の待ち遠しかったレンズもありませんね!(余りに嬉しすぎて、レンズが到着する日は会社を休もうと思ったくらいです) で...結果...このレンズの描写は凄い!コントラストが高くて超細密な描写に驚かされた。f8以上に絞り込んで行くと中心部の解像度は恐ろしいくらいに上がってくる。そうなるとピント合わせの必要が無いんだな! しかしほんのちょっとの傾き具合でバースが出やすくなるので要注意なのと、ほんのわずかだが樽型の像面湾曲が見られるが気になるほどではない。レンズの形状からして逆光に弱そうな感じがするが、意外にフレアーやゴーストは出ない。DMRとの組み合わせで使用していて周辺光量の不足は余り感じられない。本当は周辺光量落ちのある方がドラマチックな絵に成ったりするので、個人的には好きだったりするのだ。
作例は Kawasaki Bay Areaをご覧ください。

Elmarit-R 19mm/f2.8 (Type II) 08/07/12
ライカR広角レンズのラインナップを素性で並べて行くと
Super-Elmar-R 15mm/f3.5はカールツァイス製 、
第2世代のSuper-Elmarit-R 15mm/f2.8 ASPHはシュナイダー(Schneider) 製 、
Fisheye-Elmarit-R 16mmf2.8はミノルタ製 、
そしてミラーアップして使うSuper-Angulon-R 21mm f3.4初期型はシュナイダー(Schneider) 製、 第2世代のSuper-Angulon-R 21mm/f4もシュナイダー(Schneider) 製 、
Elmarit-R 24mm f2.8はミノルタ設計である。
と言うことで、15mmから24mmまでの広角レンズラインナップの中で、ライカ設計はエルマリートR19mmF2.8だけと言うことになり希有な存在と言う事に成る。
ここまで徹底していると、やはり昔から1970年代後半に至るまでライカには超広角域のレンズ設計ノウハウが無かったのではないかと推測してしまう。
今迄の僕のRレンズラインナップだと一番焦点距離の短いレンズはSuper-Angulon-R 21mm/f4なのでDMRに装着すると28.7mmに成るのは 解っていて、 もう一段広いElmarit-R 19mm/f2.8 (Type II)を物色していたが、これが全然見つからなかった。 Elmarit-R 19mm/f2.8 初期型は中古市場に比較的沢山出てくるのだが Type II をお持ちの諸先輩から散々に良い評価を聞かされているので、初期型に触手は伸びなかった。 それと初期型はあの大きなレンズフードが若干斜めに取り付いている個体が多いのも興ざめしてしまう所だ。
実は一年ほど前にスッパイお店の委託品でType IIが出たのだが、お店で手にとってチェックしたら、そのレンズには小さな虫の死骸が入っていた。 このレンズはなんだか日本で修理は不可能なようで、オーバーホールも必ず本国ドイツ送りと成ると聞いていたので諦めた経緯がある。
その後も探し続けてSuper-Elmar-R 15mm f3.5 を先に入手してしまった結果、Rレンズの広角ラインナップではエルマリートR19mmF2.8だけがポッカリと空洞になっていたのである。 そして2007年の大晦日に偶然ネットオークションで発見して、一発で落札させて頂いた。多分アタシの心の中も空洞になっていたのでしょう....見るに見かねてなのか、何時になく奥方のお許しも比較的安易に頂きましたぁ.. 殆どミントと言えるくらい大変に状態の良い品物です。そして偶然というかお住まいも大変にお近くの方だったので手渡しで頂きました。
このレンズにはライカの広角レンズのお約束であるしっかりとした四角いレンズフード (No,12546)が付属してくる。レンズはフィルター内蔵内蔵4種(NDx1,グリーン,オレンジ,KB12)なので外付けフィルターは着けない。そしてレンズの保護も兼ねてフードの全面に蓋が着く。この蓋(No,14302)は大切に使っていても傷が付いたり、紛失してしまったりし易いので、完璧を期す向きには予備を入手しておくのが望ましいのかもしれない。 レンズの生い立ちや素性に思いをめぐらせながらズシリと重いレンズを手に取って裏返すと、レンズマウントには圧巻の10本のネジが締め込まれているのが見える。今時こんなヘビーデューティな仕様のレンズがあるだろうか、ライカ自社設計レンズで最大の画角。光学系は旧キノコ型と違い光学素材(硝材)から新たに設計しなおされている。スーパーアンギュロン無き今、主要超広角レンズとしてラインナップの中では欠かせないレンズである。 画質の特徴としては開放で中心部の描写に特別の切れが有る。これはファインダーを覗いてみると解るが、息を呑むようなピンの立ち方をするので凄い。 実はDMRにはファインダー内の視野を約1.2倍に拡大するために、オリンパスのマグニファイヤーアイカップME-1を使っていたのだが、昨年DMRのフォーカシングプレートをマイクロプリズムタイプに変更してから見え方が若干煩いなぁと感じていたので、このレンズの購入を機会にオリジナルのRアイカップに戻してしまった。 周辺部はやはりレトロフォーカスなので若干であるが劣化して行く。平坦な被写体(ビル等の建築物)を撮るときはF8以上に絞り込んで撮るべきだろうが、DMRで使う場合は1.37倍(26mm相当)となるので周辺部の描写については全く気にする必要は無い。 僕がこのレンズに期待しているのはトーンの再現や質感の描写である。伸びやかで中判レンズで撮影したかのような破綻のない表現や、近接開放で撮った時に19mmでありながら中望遠レンズのようにアウトフォーカスから溶けて行くようなボケ味にウットリとしてしまうのである。 私用があって久しぶりに香港へ帰ったので、フィルムの時代では考えられないラインナップだなと思いつつSuper-Elmar-R 15mm f3.5 と Elmarit-R 19mm/f2.8 (Type II) と Summilux-R 35mm f1.4の3本をDMRに取り付けて持ち出してみた。
作例は HongKong 2008 Marをご覧ください。

Super -Angulon-R21mm f4.0
Super -Angulon-R f/4.0/21mmは1969年にシュナイダー社のOEMにより供給が開始された。 設計もシュナイダー社が担当したと言われている。レンズ構成8群10枚のレトロフォーカスタイプ・ 最短撮影距離:20cm フィルター:Series VIII / IX,72mm・大きさ:43.5 × 78mm・自重:420g・ 20cmの最短撮影距離 は同じMタイプのSuper -Angulonの最短50cmに比べて 圧倒的に被写体に近づく事ができ有利である。 またビューファインダーを使用する事無く、レンズを通してダイレクトに画角を確認できるので撮る楽しみが味わえる。 使用してみて驚いたことは、出来あがったネガをスキャニングすると、色調レベルバランスカーブが非常にスムースかつ優秀で、 ライカ製の他のレンズとは明らかに性格が異なっている。超広角レンズにありがちな収差は完璧と言って好い位押さえ込んである。 f4と開放値を欲張っていないことも、その原因かもしれませんが、 高解像力で、発色・線の太さ・グラディエーション・ディテール再現性共に申し分無い、僕の好きなレンズである。 製造番号270万台で3カム化されモノコートとマルチコートが存在するが、その違いは試していないので解らない。 フィルターは純正はSeries VIIIと成っているが、レンズ先端開口部にネジが切ってあるので72mmの標準的なサイズのフィルターが使える。 特徴的な四角いレンズフード(これが物欲を刺激してウットリするのだが)を着けるとピントリングまでの距離が短いので干渉して実に操作し難く成る。 仕方ないので僕のSAはバイトで全ての角にRを付ける加工をしてしまった。 (ライカサービスが見たら卒倒してしまうかもしれないが、)それもこれもこのレンズ描写に惚れ込んで、使い倒したいと考えたからであって許して欲しい。
R8とワインダーの組み合わせ で絞りをf8−11に固定して、ガシガシ撮るのも面白い。
作例は・ Super -Angulon-R 21mm 1:4 を御覧下さい。

Elmarit-R 28mm f2.8(Type II)
このレンズはアサカメに載った岩合氏の猫写真で人気沸騰していたが、そろそろ一段落して来たので へそ曲がりな性格の私も購入に至った。 最近のレンズで在るかのように思われるが、実際には1994年 〜の製造でありそれ程新しくは無い。 さて特徴であるが、以前の初期型に対しては、 フローティング機構を採用した新光学系とフード内蔵式にリニューアルされている。 この内蔵された引き出し式角形フードは好みの分かれるところである。 レンズ構成:7群8枚 最短撮影距離:30cm フィルター:55mm 大きさ:48×67.5mm 重さ:435g Elmarit-R 28mm f2.8Type2を実戦投入してみて 画像の隅々まで均等に解像度の高いレンズだと感じた。 近接での絞り開放撮影でも、四隅は流れないできっちりとまとまっており、ある意味で現代的な28mmレンズである。 最短撮影距離においての後方ボケが煩わしく感じられるような欠点もそれ程無いので、全体的な仕上がりを考慮すると 優秀なレンズだと思う。 今回は初回撮影なので、フィルターを使わずに、5本ほど撮って色の傾向を考えてみましたが、色ヌケも非常に好い。 一番の特徴はコントラストの高い色彩表現である。コンパクトな仕上がりは常用広角レンズとして最適なのであるが、願わくばもう少し大きいと R8にピッタリなのだが・・・
作例は Workers をご覧ください。

Elmarit-R 24mm f2.8
1974年から製造を開始して、現在に至っている大変息の長いレンズ、設計は当時の関係の有ったミノルタで行われた。歴史が有るだけに、2カム仕様・3カム仕様・R専用カム仕様やROM付きも存在する。 レンズ構成:7群9枚 最短撮影距離:30cm フィルター:Series VIII,60mm 大きさ:48.5×67mm 重さ:400g レンズフードは特徴的な、偏向フィルターを操作できる、ノブ付きである。他の焦点域のレンズがモデルチェンジや改良が行われてきた中で、このレンズは発売当初のままであり、コンパクトな外観の割には大口径だし、ズッシリと重い密度感の有る造りは時代を感じさせる。インナーフォーカス(フローティング)機構を採用されていて、最短近接撮影時の画質は申し分ない。画面の4隅で若干流れが有るようだが、注意しなければ気にならない程度である。 19mmの画角が96°21mmで92°このレンズは84°28mmで76°と8°刻みのRレンズ広角ラインナップの中で、Super -Angulon-R21mm f4.0がカタログ落ちしてしまった今としては、このレンズが標準広角としての存在意義を持って、もっと見直されても良い様に思える。写りについては、コントラストが高く、線の細い描写であり、光量の少ない状況における絞り開放域で本当の実力を発揮します。
作例は Leica R-24mm lens-Photographyをご覧ください。

Elmarit 35mm f 2.8
NO,240万台で先細TYPE (1971年製 )レンズ構成:5郡7枚・絞りはf2.8からf22・最短撮影距離:30cm・フィルター  Series VI(14160)・大きさ:44×63mm ・自重:400g 小柄な割にはズッシリとして、密度が高い事を感じさせてくれます。レンズフードはNo,12564を使う、このフードは SUMMICRON50mm初期型とも共通で、フードを使わないときは、逆さまに装着が可能です。このレンズは元々1カム仕様しか存在しないので、3カム改造品である。 R−のLENSはANGENIEUXを除いて、割合と新しいレンズを中心に集めて来たが、この35mmElmaritを知ってからは、柔らかい線と発色の良さに驚き、再認識してしまった次第です。 また至近距離は30cmまで寄れるのが宜しい。ワインダー付きR8に装着すると、ボディの大きさに比較してレンズが余りにも小さく、なんとも滑稽で、「ブタさんみたい」と家族に言われてしまいました。現代のレンズが巨大化しているのはR8にデザインを合わせているのでしょう。本来のRレンズはコンパクトで高密度だったような気がするのですが・・・
作例はNi Hao Mr,Mao を御覧下さい。

Summilux-R 35mm/f1.4 
1984年のフォトキナで発表 レンズの構成は9群10枚(with floating elements) 最短撮影距離0.5m 最小絞り値16 重量690g レンズ全長76mm  フィルターE67   Summilux-R 80mm/f1.4より遅れる事4年で発表された外観は80mmに酷似している。そして重い。このレンズもフード内蔵式である。 撮影でのピント合わせは非常に難しいレンズである。私はR8のFOCUSING SCREEN を14 345(#3)に代えて使用している。 レンズ描写については、使用するフィルムとの相性も有ると思われるが、 コントラストと色彩表現は幾分高めであるが明確に出てくるのではなくて、落ち着きの有る色合いを示す。解像力は開放時から非常に高く 、このレンズの一番の特徴はこの部分で有ると思われる。開放でのボケ味は80mmと通じた、温かみの有る柔らかなボケ味を持っている。 最短撮影距離が50cmと言う所に、不満が残らないでもないが、一度このレンズを使ってしまうと、もう後には戻れない。 但しR8とSummilux-R80mm・Summilux-R 35mmを同時に持ち歩くのは非常に体力を必要とする。
作例は Summilux R Lens -Photographyを御覧下さい。

Summicron-R f/2.0/50mm
やっと見つけた初期型先細タイプ3CAM レンズ構成:5群6枚(2枚は張り合わせレンズ)・最短撮影距離:50cm・フィルター:Series VI,44mm・大きさ:38.5 ×63 mm・自重: 330g コンパクトなサイズであるがずっしりとした、重量感が素晴らしい。 先細と言う外観も、現代では特徴があり魅力的である。フィルターはシリーズ?と特殊なので、アダプターリングを使っている(左のレンズ画像はアダプターリング着きの画像である)。 M型のズミクロンの描写は定評が有りますが、このレンズも噂にたがわず、素晴らしい色再現で、解像度の高さは驚愕に値します。 リバーサルフィルムで黄色に偏った発色の指摘をされた評価をされたことがあるようですが、撮影状況にもよるのでしょう、今の所経験はしていない。 レンズコーティングに幾つか違いが有るようで、バリエーションを探してみるのも、面白いかもしれません。 作例のシクラメンは室内で自然光で撮影致しましたが、一枚一枚の花びらの 柔らかな感じが見事に再現された。
作例はSummicron-R f2.0/50mm 1st.version を御覧下さい。

Summilux-R 50mm/f1.4
1969年に登場し1978年まで製造した初期型である。 レンズの構成は6群7枚 最短撮影距離0.5m 最小絞り値16 重量450g レンズ全長67mm フィルターはS−7仕様 Summilux-R 50mm/f1.4は この後にE55タイプの鏡筒に換装し、500g軽量化した たタイプと、さらに最新型のE60タイプに至っている。 R8実装では最新型のE60がデザイン上では最も似合うのかもしれない。 一連のズミルックスのデザインは、35mm 80mm と共にヘリコイドにラバーが施されたデザインに変わり、R8に似合う、大柄な外観に変わってきているが、この初代レンズはM型ノクチに繋がる雰囲気を持っており意外と、R8にも似合う・・どこと無くミリタリーな雰囲気が漂うのは特徴的なフードとフードに着けられたPLフィルター操作のノブの所為であろうか? ライカ社の最近のレンズ銅鏡組みこみフードは、本当にフードの役目を果たしているのであろうかと、疑いたくなる寸法と深さであるが、この初代のフードは威力十分にしてマニアックな製品である。当時はコダワリを持ったレンズフード専任設計者が存在したと思って、間違い無いであろう。また購入時に初代Summilux-R 50mmF1.4を3本ほど、仔細に比較した所 製造番号の違いで、絞り羽根の光沢の違いがあり、反射しやすいテカッた黒と、若干マットがかった艶消しの黒の2種類存在しておりました。もちろん製造番号の新しいタイプで若干マットがかった艶消しの黒を施されているレンズを購入したのは、言うまでもありません。
作例は Hong Kong island Cat streetを御覧下さい。

Apochromat KINOPTIK f2.0/75mm Leica R-Mount Modification
KINOPTIK は フランスのレンズメーカーで このレンズは、16mmシネカメラ・ アリフレックス用のレンズを取り外し、ライカR用にマウント改造したンズです。レンズには球面収差とコマを補正し,かつアクロマートより色収差を小さくした、APOCHROMAT処理が施されているのが、大きな特徴です。最短撮影距離1.0m・絞りは円形10枚絞り、開放f2.0・最小絞り値16 クリックストップは有りません。フィルター径は46mm、フードは(Contax Metal HOOD GG-3)がピッタリと似合います。(オリジナルフードはもう少し長いらしい) ライカボディで使えるという事に、驚かれる方も少なからずいらっしゃるかもしれません。 R8に着けての使用感は・実験レンズのような外観を別にすれば、実用性十分!75mmと言う焦点距離もMレンズにしかありませんので、Rマウントに改良した甲斐がありました。 さて描写ですが、古いレンズですので、遮光に神経を使ってやる必要が有りますが、ツボに嵌った時の、パーフェクトな描写は、これはもう・・驚きの連続・・です。解像力が要求されるシネレンズですので、ディティールの再現等もすばらしく、端正で微細な写り、落ち着いた雰囲気を持った発色と、その忠実性、このレンズで撮ったポジ上がりを見てしまうと、今までのレンズは何だったのだろうかと、深く考えさせられてしまいます。
作例は Hong Kong island central churchをご覧ください。

Summilux-R 80mm/f1.4 
1980年に登場 レンズの構成は5群7枚 最短撮影距離0.8m 最小絞り値16 重量700g レンズ全長69mm フィルターE67 このレンズはフード内蔵式であるが、長さが短いため、本来の遮光の効果があるかどうかは、疑問である。CONTAX METAL HOOD NO,4がピタリと似合うが、少しばかり癪なので、未だ実際には試していない。ピントリングは幾分重めであるが、R8等ボディに装着して使用すると気には成らない。実際の撮影ではかえって好ましいくらいである。 さて描写ですがノクチが時々透き通ったような、冴えを見せるのに対し、このレンズのヌケ(開放描写でのアウトフォーカス)にはある種の空気感のような表現がある。 実際の撮影ではF1.4からF2まで4段クリックの絞り値が有ると言うのは、非常に心強く、またこのレンズの一番多用される美味しい所である。光量の乏しい条件で心強いのはもちろんであるが、日中における開放近辺の撮影は、R8ボディとの併用で初めて出来るようになったと考える。
作例は Summilux R Lens -Photographyを御覧下さい。

Elmarit-R 90mm f2.8
1964年登場のレンズで  ライカフレックスなどと同世代のレンズである。 このレンズは初期型なのでフィルターはシリーズ擦鮖藩僂垢襦 レンズ構成は4群5枚のガウスタイプで絞り羽根の構成は6枚・最短撮影距離は0.7m・重量515g・ 特徴的な外観はM型ズミクロン90mmF2と同じような 2段回の引出し型のレンズフードである。 重量はそれなりにズッシリと詰まっているがコンバクトな大きさであり、欲張った開放F値を要求していないので、解像力やコントラストの出具合も、一級のレンズである。 ライカRシリーズで一連のエルマリートファンは 是非とも手に入れておかなくては成らない一品である。 最短撮影距離0.7mは非常に有効で、簡易マクロ的な使い方も可能である。 さて写りであるがズミクロン90mmと引き合いに出される事も多いし実際ズミクロンほど線の細かい写りはしないが、 非常に忠実で少し硬調な写りは30年の年月をを考えると驚異的な描写性能である。中村信一先生は その著書「R型ライカのすべて」の中でその性能を賞賛されている。硬調な描写と言うと勘違いされてしまいそうだが潰れそうで、中々潰れない暗部の描写力などは、このレンズの優秀な特徴の一つである。
作例は Elmarit-R Lens-Photography をご覧ください。

Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8 03/10/01
1988年の発売で それ以後レンズ構成が変わる事無く作られている。 760gとズシリと重く頑強な銅鏡には6郡8枚の構成でレンズが組み込まれている。 最短撮影距離:45cm /フィルターサイズ:E60 / 全長:104.5 / 最大径:73.0 / 重量:760gエルプロ使用時950g
ヘリコイドを繰り出す感触は、初めてライカレンズに触る人には重く感じられるかもしれないが、 ボディへ取り付けてのヘリコイドの操作感は、ギリギリピントを詰めながら追い込んでゆく時には絶品である。この辺の感触は 現在主流と成ったAFレンズでマニュアル切り替えTYPEでは絶対に味わえない部分である。 少し大柄な銅鏡の奥には、これもf値2.8にしては少々大きめの前玉が見て取れる。レンズフェチとしては コーティングの色合い等を味わう為にじっくりと覗き込むのであるが、反射が少なく透明度の高いクリスタル様のレンズである。 R8に装着して直ぐに分かるのはファインダーを透して見える切れが非常に好い事だ、細部までスッキリとしている。 僕のRボディはR7もR8もプリズムファインダーに兼行しているが、このレンズを着けてみると プリズム部分の輝きが他のレンズとは明らかに違っている。 いかにも好く写るぞと言う雰囲気が伝わって来て、好い意味で緊張することが出来るのである。 描写については、関係写真雑誌やレンズテストにおいて絶賛されているので、あえて拙い評価をここで述べるつもりは無いが、 一つだけ挙げるとすれば、マクロレンズであるにもかかわらず、 無限においても撮影時に肉眼で確認出来なかった微細なディテールを写しこむ事の出来る稀有なレンズである。
作例は My House's Cat JIJI / KIKI をご覧ください。

Elmarit-R 135mm f 2.8
初期モデルはウェッラーで生産されていましたが、後にカナダ生産に切り替えられた。初期の物は、距離目盛りのフィート表示文字が、黄色ではなく赤色である。このレンズはカナダ製で最後群レンズが凹から凸に替わっているので判別できる。実は一度自分で分解してしまい、組み上げに失敗した後で、ライカ社へオーバーホールにだしました。今は絶好調のコンディションと成っている。レンズ構成:4群5枚 ・最短撮影距離:150cm・フィルターサイズ:55mm,Series VII(14225) ・大きさ:93×67mm・自重:730g  このレンズの描写はズミクロンM90mmF2に通じる所があって、個人的には非常に気に入っております。暖色系の渋めの発色が特に好まれる所です。135mmと言う焦点距離は ZOOMに追いやられてしまって、何時の間にかLEICAのカタログから消えてしまったようです。135mmの焦点距離は人気が無いかと考えますが、取り回しの便利なコンパクトな中望遠としての魅力は今でも十分存在意義があるのではないでしょうか?昔は35mm/50mm/135mmこの1セットを揃える事を夢見ましたけれど・・・
作例は Gold Coast. を御覧下さい。

Elmarit-R 180mm f2.8
エルマリート180mmは1968年より登場した。このレンズは第二世代で1980年に発売された。重量は大幅に(実に500g近くも)軽減され825g・サイズもコンパクトに成り、実用での取り回しは楽に成った。レンズ構成も変更されており、3群5枚である。レンズエレメントの素材も変更されたとも言われているが、確かな事は確認していない。 フィルター径は67mmでSummilux35mm/80mmと共通である。 写りであるが、ライカレンズの個性とも言える、絞りこんで行ってもカリカリには成らず、開放から使えて、柔らか味のある描写をする。逆に言えば開放でも絞り込んでも、画質が余り変わらないと言う事でも有る。近接よりも中距離で少し絞り込んだ(F4.0)くらいの描写が、中版で撮影したような雰囲気もあり・・・最も優れているような、気がするが、未だ数を撮っていないので、決め付ける事は出来ない、フィルムの選択を含め思考錯誤が必要である。 実用でピントリングは幾分重く感じられるが、ジワジワとピントを合わせる向きには、最適かもしれない。前ダマが大きく重いと言う事で、経年変化(グリス等の)により、ピントリングに遊びが出た中古が多く見受けられるが、そのような固体はこのレンズ本来の、作り込みの好さが半減してしまっていると言って好いだろう。(中古購入を検討される場合は、要チェックポイントである)
作例は Kamakura Inamuragasaki 2007 をご覧ください。

Apo-Telyt-R 180mm f3.4 04/03/30
ライカRレンズ群におけるAPO化の草分け的なレンズであり1975年の製造開始であるから、既に29年が過ぎようとしている。 僕が入手したのは、その中でも初期型になるらしい、違いはフィルターサイズとレンズ銘のロゴである。 後期型はフィルターサイズE60でロゴは太く表示されている。初期型はシリーズフィルターが入手困難に成りつつあるので、 このレンズを使ってみようと思われる方は(後期型)の入手をお勧めいたします。 外形寸法135mmX68mmとスリムであるが、自重750gと結構重い、レンズ構成は4郡7枚でフードは組み込まれており、 引き出すときの手ごたえもキッチリとした造りで満足させてくれる。 実はこのレンズには個人的は憧れがあって、AMEの次に使ってみたいと思っていた。 理由は至極他愛の無いものでクラシックカメラ専科41号に載っていた、 福井鉄也さん撮影の女優(太地喜和子)のポートレイトが素晴らしかったからである。 実際に使ってみて、AME程の色(発色)の鮮やかさは無いが、解像力は抜群である。 解像力抜群と書くとカリカリのコントラストを想像してしまうが、そうでは無くて 絞り込んで行っても柔らかさを失っていない描写である。 特に遠景の風景撮影などで、威力を発揮する。 少々朝霧が掛かっている様な情景でも、∞まで克明に写し取ってくれるのには驚いた。 このレンズが軍事用に開発されたと聞いた事があるが、 (真実か否かは別として)成る程とうなずける性能である。 最短撮影距離が2.5mなのでスナップで人物を切り取ろうとする時には、慣れていないと戸惑ってしまう、 ここがこのレンズの唯一の欠点かもしれない。
作例は Ling Tang Bay をご覧ください。

Telyt-R 250mm f4.0 ( Type II ) 06/09/24
新しくできた銀座ライカ直営店へデジタルモジュールのクリーニングに出掛けた際に、スッパイお店の委託棚を覗くと、随分綺麗な250mmが並んでいたので 、ショウウィンドーから出してもらって、持参のボディに付けて覗いたのが運の尽きであった。
まさしく僕の大好きなElmarit-R 180mm f2.8 の見え方である。焦点距離が長くなった分だけ新鮮で、ドキリとしてしまった。 さらに可動式のスマートな三脚座が物欲をそそって、プラスチックのカードが宙を舞ってしまった。
テリート250mmは2種類あって1968年から1979年までが初期型・1980年からが改良型で、僕の買ったのは改良型( Type II ) である。レンズ構成は6群7枚 開放f値は4.0最小絞り値22.0 / フィルターサイズはE67 重量は1280gである。 初期型に対して全ての撮影距離で解像度が向上していると評価されている。1980年はライカのレンズ開発史の中では一つの節目であって、大幅にレンズ構成やガラスの材質が見直されていると考える。Telyt-R 250mm において特筆できる改良点は最短撮影距離で、旧型の4.5mが一気に1.7mと短く成った事で、DMRと併用した花の撮影にもってこいである。そして1キロちょっとの重量も持って出掛けられるギリギリの線だろうか、R8とDMRのセットでビリンガムのリュックに入れると、誂えたようにピッタリと収まったのを見てニンマリとしてしまった。
さてお店でファインダーを覗いた時の第一印象を裏切ることなくこのレンズの描写は、絞り込んでもカチリと成らずに、柔らか味のある描写でElmarit-R 180mm f2.8 と共通した描写だ。 ディティールの美しい再現力と中判レンズの様な伸びやかな雰囲気を持っている。
もっと評価が見直されても良いなぁと思ってしまうレンズである。
作例は Hydrangea 紫陽花(DMR)をご覧ください。

Vario-Elmar-R f/3.5-4.5/28-70mm
NEW TYPE ZOOM・8群11枚構成で最短撮影距離は50cm 自重450g.現代のLEICA広角ZOOMとして 安心して使えます。 日本の優等生的レンズの雰囲気があります(多分OEMでしょう)製品としての金属銅鏡の造り込みや操作感は、ライカです 。精度の高い組み上げにより、古い設計のレンズ構成でもここまで性能を発揮できるのか・・・と言うよい見本です。  お値段もライカですが数量とライカ社の品質規格水準えを考えるとOEMでもこの位に成ってしまうのでしょう。 ROMも付いておりまして、R8と Metz mecablitz ストロボの組み合わせでは焦点距離に合わせて Metz mecablitzがジコジコ動いて感涙物です。「LEICAも進化しましたね!」と言いますか 、やっとここまで追いついたのかと言うのが正直な感想です。レンズの先端が大きく前後に動きますので、 後づけの、市販品フードとかは付けられません。付属のフードは長焦点域での少し長さが物足りない代物ですが、 携帯にはフードを逆さまにして、装着したまま格納できるので便利です。
作例は・Singapore sentosa island. を御覧下さい。

Vario-Apo-Elmarit-R 70-180mm f2.8 10/08/09
10群13枚のレンズ構成で12枚の特殊光学レンズを使用し、うち5枚が異常部分分散ガラスという、極めて複雑なレンズ構造を持っている超弩級のズームレンズです。1995年の設計でこの後に新設計のApo-Telyt-M 135mm F3.4と Apo-Elmarit-R 180mm F2.8が発売されるまでは、LEICAの全てのレンズの中でこのVario-Apo-Elmarit-R 70-180mm f2.8が最高の性能でした。 確かにアポクロマート補正が施された同じ焦点距離を持つ単焦点レンズApo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8と比較してもまったく遜色ありません。 多分にこちらの方がヌケが好い印象があります。 このズームレンズの描写力はどの焦点距離で撮影しても、 イメージ全体にわたってコントラストが 高く色調も鮮やかに再現します。 絞り開放でもすみずみまでシャープで、色の滲みが少なくので細かい色の階調までなめらかに再現します。 厳しい撮影条件でも期待通りにその優れた描写力をきっちりと発揮してくれるので非常に扱いやすいレンズだと思います。 ライカの光学系は其々の年代で魅力ある製品を世の中に出して来ました。僕も微力ながら名品を少しずつ買い揃えて楽しんできましたが、 今回このレンズを使って感じるのはライカレンズ開発陣の底力と言うのか、長い歴史と経験から培ってきた知識と技術に改めて感激てしまった次第です。 ズームとは思えない安定したボケ味にも驚いた。LEICAが単焦点レンズと同等以上とアナウンスしているのは、こういう事なのかと思った。
フォーカシングレンジは 最短1.7 m から infinityまでで三脚座の形状が上手く考えられていてレンズを包む形状になっている。 フレーミン グにすばやさや慎重さが要求される動体の撮影には、三脚座を左手に乗せたまま手持ちでフォーカシングリングが操作できます。僕は三脚座にRRSのQuick-Release Lens Plateを着けているので、フォーカスリングが操作しやすく成っています。
で...問題はその重量でして総重量は 1,870 gもあります。キャリングストラップ用アイレットがレンズ基部に装備されていて、カメラボディに装着した場合はこちらを使用したほうが安全だと思う。DMRモジュールユニットを取り付けてR8が1,395gですから、このレンズを装着するとTTLで3.2kgに成ります。手持ちで振り回すには相当な腕力と上半身を鍛えなくちゃいけないのかな?と思ったりしましたが、この組み合わせは意外にバランスが良くて余り重さを感じさせないのでした。しかし基本的にこの組み合わせは一脚か三脚を使うのがベストで、ライカもそれを推奨しています。僕もそろそろ無理をしないでMonopodとあわせてこのレンズを使うようにしようと考えている。
絞りは全域開放でf2.8をギャランティしてます。最小絞り値はf/22.0/ フィルターはねじ込み式 E 77でラバーコーティングされたレンズフードがビルトインされています。
DMR+Vario-Apo-Elmarit-R 70-180mm f2.8の 作例は・Tropical water lily. を御覧下さい。 さてこうなると、僕のコレクションのレンズで比較したくなるのがAngenieux 180mm f/2.3 APOと言うことになる。
作例・Tropical water lily . にはAngenieux 180mm f/2.3 APOをNikonD700に取り付けて撮った作例も並べています。撮った日時も違うので、直接の比較にはなりませんが、今回D700を導入したのでデジタルと言う媒体でDMR+Vario-Apo-Elmarit-R 70-180mm f2.8と比較することが可能になりました。見比べていただくとAngenieux はツァイスやライカと違いAPOレンズ特有の繊細さを表現してくれるのだけれど、独特な空間描写(空気感)と柔らかで気品の有る美しいトーン描写だ。もうこうなると性能云々ではなくて、アンジェとライカに自分自身の嗜好を試されるというか比較できない心境に成っちゃうんだなぁ..まあ趣味の世界だからコレデイイノダ!


Vario-Elmar-R f/4/80-200mm
従来の200mmZoomは1リングタイプでしたが、この製品からは、ズーミングとフォーカスリングが別れました。 京セラ製(富岡光学)OEM?と噂されております。(これじゃヤシコンと何処が違うのだろう?) と疑問に思う人も居るかもしれませんが、どっこい・・ちゃんと描写はライカなのです。 この現代においてドイツ製に固執する人は、もういないと思いますが、 このような手の込んだ製品も日本でしかOEM出来なくなっていると考えた方が納得がいくと思います。エレメントは9群12枚構成  フィルターサイズはE60 最短撮影距離は1.1m、自重は約1kgありまして、R8と1セットでワインダーをセットすると、 漬物石を首から下げているようです。 但しハンドリングがよいので、撮影のときは それほど重さは気に成りません。かえって 手ブレ防止には好ましい位の感覚が致します。 肝心の描写ですが、カタログ等には記載されておりませんが、8群12枚レンズ構成において、 なんと半分の6枚に特殊分散ガラスを使用しているらしく 歪も少なく、非常に線が細い描写で、色収差は非常に良くコントロールされておりまして、 撮影条件によっては、時々ドキッとするぐらい、ライカ独特の色彩を出してくる事があります。 望遠MACRO的な使い方も出来ますので、小旅行に出かけるときはVARIO-ELMAR-R 28-70mmとセットで持ち歩けば軽快でしょう。
作例はHoliday afternoon を御覧下さい。

Angenieux-Zoom-R f/2.8/45-90mm
FRANCE ANGENIEUX社のOEM。LENS MADE IN FRANCE FOR LEITZとBODYに刻印されております。 このズーム倍率45-90mmをどう考えるかは、お使いになる方の感性だと考えます。標準画角50mm前後を重視される方には絶好のレンズです。
また現在現行機種のライカズームレンズと比較してもf/2.8の開放値は大きな特徴で、私の場合はその部分をも重要視して購入に至りました。 操作感は中々良くて、ピントリングとZOOMリングが非常に近いので慣れて来ると左手の掌で銅鏡を受けて、親指、人差し指、中指の三本で、リングを操れるようになります。シネマレンズを扱っているような、不思議な気持ちになります。 アンジェニーZOOMの中では金属銅鏡と異色のデザインで、好き嫌いが大きく分かれると思います。オリジナルのフードは浅いので、今はCONTAXの67/86変換リングを付けてCONTAXのHOOD NO,3もしくはNO,4を着けて使っています。 45mmでの開放近くでは少し2線ボケが出ますが、独特の立体感はこの2線ボケによる所が大きいような気もします。 90mmでは、それはもうあのアンジェニーの世界が待っています。
作例は Shanghai China を御覧下さい。

Summarit 40mm f2.4 (Minilux)
このレンズの評価を記載するかどうかについて、 悩んだ末にミニカメラとしてでは無く、あえてRレンズの頁に載せるのを決行することにした(爆) それ程このレンズの優秀さは特筆に価するという事だ。 サブカメラとして考えるに、このMiniluxはM型とは決して同時に持ち歩かないであろう・・ あくまでRの伴侶なのである。( 相当なこじ付け・・大爆笑 ) ボディが日本のM社製であるとか、操作モードがオタンコで有るとか、そこら辺の不満は一切捨てて レンズのみ、評価させて頂く。
レンズ構成:6群4枚 / 最短撮影距離:70cm / フィルター装着は不可能だがパワーOFF時ボディに格納 / レンズ前玉径:20mm
ズマリットという名前は1949年に発売されたSummarit 50mm f1.5や「Taylor Taylor and Hobson and USA 」 銘で5郡7枚構成ガウスタイプのレンズがそれである。 絞り開放では柔らかく、絞り込むと全く別物の様にシャープな写りになると評されている。 さて現代のSummarit 40mm f2.4の写りはどうであろうか?大変にシャープな描写であることに違いは無いのだが 、決して硬くガチガチになる事の無い、線の細い克明な写りをしてくれるので、 この辺りの雰囲気は、伊達に先代ズマリットの名前を引き継いだだけではないのだなと思い起こさせ、ニヤリとさせてくれる。 驚くのはディテールの再現性に優れていることで、日中等コントラストの厳しい条件でも陰になる部分が潰れない 粘り強さも持ち合わせている。是非ポジフィルムを詰めて現代のズマリットを堪能していただきたい。
作例は Different dimension space をご覧ください。


Back Next


HOME

WARNING--- This publication is protected by international conventions and local law. Adaptation reproduction or trasmission of text ( in Chinese or other languages ) or illustrations, in whole or part, in any form or by any means, electronic, mwchanical, photocopying, recording or otherwise, or storage in any retrieval system of any nature without prior written permission of the publishers and author(s) is prohibited.